風俗に行って思った…

競馬に勝ったから五反田の風俗へ

ビギナーズラックというやつですね。友人に連れられて都内の競馬場に行ってきたんです。とりあえず適当というか、ゲーム感覚で楽しんでいたんです。それによく言うじゃないですか。強欲になるよりも、あまり何も考えていない方が楽しめるって(笑)
その言葉通り、自分でも勝利を意識するのではなく、ゲーム感覚で軽く楽しんだら、見事に万馬券が的中(笑)きっと勝利にこだわっていたらああいった選択肢にはならなかっただろうって、連れて来てくれた友人に言われましたね。それで気も大きくなって、大きな臨時収入を胸に五反田まで風俗に行ってきました(笑)さすがにこれだけの勝利だったので、その友人の分も奢ってあげました(笑)しかもいつもより高めのところです。
まさかこれだけ大勝出来るとは思っていなかったんですよね。だから、当初はきっと残念会と称して風俗に行くことになるかなって思っていたんですけど、蓋を開けてみたら祝勝会ですよ。さすがに今回のようなことは頻繁には起きないと思うので、五反田の風俗で幸運と一緒に楽しみましたよ。

なぜかは自分でも不思議だけど風俗が好きです

理屈で考えている人もいるかもしれませんけど、自分は何で風俗が好きなのかはよく分かりません(笑)考えれば考えるほど、答えがよく分からなくなるんですけど、でも好きなのは事実なんですよね。きっと生きている中で、五反田の風俗に家賃と同じくらいお金を使っているんじゃないかなって思いますしね(笑)
だから風俗っていろんな魅力があるんだなってことにも気付かされると言うか、楽しみ方は一つじゃないから自分の本能のままに楽しむくらいで丁度良いものなんじゃないかなって気持ちにもなりましたね。それくらいの気持ちであっても、それはそれで何もおかしくないというか、男としてはむしろ当たり前と言っても良いレベルなんじゃないかなって思いますね。それくらい男にとって性欲の問題はとても大切なものだと思うんですよ。
五反田で風俗をどういった形で楽しむのか。それらを図るって点でも風俗は男をいろいろと試してくれるものだなってことに気付かされてますけど、それもまた魅力ですしね。