風俗に行って思った…

負のスパイラルから抜けられた理由

それまで女のこの前に立つと緊張してしまって、挙動不審になってしまう自分がいました。挙動不審になるからモテない。モテないから女性からバカにされる。それがさらに免疫の無さを生み出して挙動不審になる…。自分で言うのもなんですけど、男としてどうにもならない負のスパイラルに陥っていたんですよね。でも風俗に行くようになって、この「負のスパイラス」から抜け出せたんですよ(笑)風俗に行って女の子に慣れてくると、女の子の前でも挙動不審にならなくなりました。風俗で接することによって、女の子だって普通の存在なんだなってことに気付けるようになってきたんですよね。それもあって、会社でも何でも女の子と普通に喋れるようになってきたんですよ。まだ恋人はいませんけど、普通に連絡先くらいなら交換出来るくらいになっているので、それも含めて風俗では自分なりに楽しむことが出来るようになってきたんじゃないかなって。だから風俗には感謝ですよ。

場所は何気に重要だと思う

デリヘルはどこででも楽しめる風俗じゃないですか。だからこそ融通が良いし、手間もかからないのでありがたいと思うんですけど、だからといってどこでも良いって訳ではないと思うんですよね。むしろ場所によってこちらはもちろんですけど、相手のモチベーションも全然変わってくるんじゃないですかね。風俗店ならいつも同じ場所なので場所の心配をする必要はないんですけど、デリヘルは場所も含めて自分で考えるケースもあるじゃないですか。どうしても安易に「近いところ」とか「目に入った場所」にしてしまいがちなんですけど、場所ももっと真剣に考えるべきだなってこの前のデリヘルで思ったんです。なぜなら、その日は偶然ではあったんですけど、高階層の割と高い部屋だったんですね(笑)夜景も綺麗だったし、部屋の中に露天風呂までありました(笑)そんな部屋だったからだと思うんですけど、こちら以上に相手の風俗嬢の方がテンションが高かったんですよね。