風俗に行って思った…

天然とは違うんですが…

彼女は天然って訳ではないんですけど、どこか抜けているというか、でもしっかりしているところはしっかりしているというか、本当に捉えどころのない風俗嬢だったなって。でも、だからこそとっても楽しかったというのはありますよね。予定調和とは対極にある彼女の存在感は、これまでの風俗嬢とはどこか違った時間を楽しむことが出来たんじゃないかなって思っています。それだけに、自分自身、とっても楽しい時間を過ごすことが出来たなとも思っていますしね。それに彼女、性格的には捉えどころのない風俗嬢でしたけど、体に関しては文句なしのナイスボディ。正直、あのレベルはなかなか見かけないんじゃないかなってくらいのレベルだと思うんです。でも性悪はどこか抜けている。そんなアンバランスな彼女のおかげでとっても楽しい時間になりましたね。まだまだ自分の知らない魅力を持った風俗嬢もいるんだなってことも改めて感じることが出来て楽しい時間を過ごせました。

風俗は何より「楽」です

それなりの風俗歴になってきたんですけど、自分が思うのは風俗は本当に楽ですよね。苦労しないという意味じゃなくて、手軽だし複雑なこともないし。以前自分にはセフレがいたんですよ。セフレと言えば聞こえは良いかもしれないんですけど、初めは良かったものの、次第にセフレと言う立場に対して彼女なりにいろいろと思うことがあったんでしょうね。せっかくあっているのに何もしないで、まるで普通の恋人のようにデートをしたいとか言い出すんですよ。それを求めるのはセフレじゃないですよね。それが面倒になったので、そのセフレとは自然とフェードアウト。そうじゃないんですよね。セフレに求めるのはただの快感なんです。だからセフレとバイバイして、それ以降は風俗のお世話になっています。なぜなら、風俗嬢はデートに連れて行けなんて言わないですから(笑)あくまでもその場だけの割り切った関係。その距離感がとっても楽なので、風俗は大好きなんですよね。